【スポンサード リンク】
Mac や PC を利用中の方におすすめの、iPhoneのバックアップ方法をご案内いたします。 バックアップの方法は大きく分けて2つ用意されていますが、今回は iTunesを使って MacやPCにデータをバックアップ・復元する方法をご案内します。

backup-iphone-before-upgrade.png

バックアップが正常に取れているかの確認方法や、バックアップファイルの暗号化設定/解除についても併せてご案内します。

※ 注意 ※
iTunes の設定によっては、iPhoneを MacやPC(パソコン)に接続すれば自動的にデータの同期が開始されます。ただし、自動同期の場合は、iPhoneとパソコンを接続するたびにデータが上書きされるため、バックアップしていないデータを消去する恐れがあります。必ず以下の手順に従って自動同期を停止した後に iPhone とパソコンを接続してください。


iTunes で iPhoneのデータをバックアップする( Mac/PC での操作方法)

確実にバックアップデータを残しておきたい場合は、iTunesに表示されたiPhoneを選択して[バックアップ]を実行します。個別にバックアップデータが出来上がります。

なお、iPhoneとパソコンを同期するためのアプリであるiTunesは、最新版にしておきましょう。

それでは、具体的な手順を紹介します。

iTunes でバックアップをする手順


1.パソコンで iTunes を起動します


iTunes10-logo

iPhone とパソコンは接続せずに、iTunes のみ起動してください。

2.自動同期※を停止します。


1.画面上部にある「 iTunes 」 をクリックし、環境設定をクリックします。

itunes-reference2.png

iPhone とMac/PCを接続すると自動で iPhone とiTunes上のデータが同じ内容になります。バックアップ前のiPhone上 の残しておきたかったデータが上書きされる可能性もあるため、自動同期の停止操作をすることをお勧めしています。


2.デバイスをクリックします。

itunes-reference3.png

3.「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ、OKをクリックします。

itunes-reference4.png

3.iPhone ( iPad ) とパソコンを付属のケーブルで接続します。



lightning1.png

4.「概要」の「バックアップ」欄に表示されている「今すぐバックアップ」をクリックします。



itunes-backup2.png

iOSのアップデート前は手動でのバックアップがおすすめです。「概要」タブにある[今すぐバックアップ]ボタンを押すか、またはサイドバーのiPhoneを右クリックして[バックアップ]を選ぶかします。


5.バックアップが開始されます。

itunes-backup3.png
パソコンの環境や iPhone ( iPad ) 内にあるデータ量によって長い時間を要する場合もあります。


iPhoneのバックアップデータを確認する手順


1.画面上部にある「 iTunes 」 をクリックし、環境設定をクリックします。

itunes-reference2.png


2.デバイスをクリックします。

itunes-reference3.png


3.「デバイスのバックアップ:」欄で、バックアップデータの有無が確認できます。

itunes-reference5.png

バックアップが暗号化されている場合は 鍵 マークがつきます。


バックアップデータを暗号化する手順


セキュリティ性向上のため、バックアップを暗号化する方法をご案内します。
また暗号化することで、メールやTwitterやLine などのパスワードまでバックアップし、そのまま復元可能になります。これは機種変更でデータ移行する時にも有効(全てのAppsで有効なわけではありません)です。

ぜひ、「iPhone のバックアップを暗号化」にチェックを入れて、バックアップや復元作業を行う事をお奨めします。


1.「概要」の「バックアップ」部分に表示されている「 iPhone のバックアップを暗号化」にチェックを入れます。

itunes-encrypt1.png


2.パスワードを入力して「パスワードを設定」をクリックします。

itunes-encrypt2.png

3.暗号化された状態でバックアップが開始されます。

itunes-backup3.png


バックアップの暗号化を解除する手順


1.暗号化を外す場合には、iTunes の概要画面で「iPhone のバックアップを暗号化」のチェックを外します。

itunes-backup6.png

2.設定しているパスワードを入力して「OK」をクリックします。

itunes-encrypt3.png

3.暗号化が解除された状態でバックアップが開始されます。


「バックアップを暗号化」用のパスワードを変更する手順


1.暗号化パスワードを変更する場合は、iTunes の概要画面で「パスワードを変更」をクリックします。

itunes-backup5.png

2.現在設定されている"古いパスワード"と"新しいパスワード"を入力して「パスワードを変更」をクリックします。

itunes-encrypt4.png

3.暗号化された状態でバックアップが開始されます。


なぜバックアップが必要?


iPhoneのOSである「iOS」は、機能追加や不具合修正のために随時最新版「iOS」のアップデートファイルが配布されます。

現在配布される「iOS」のアップデートは、iPhoneから直接実行できますが、個々のアップデート環境によっては、アップデート後にiPhone内の写真が消えてしまったといった報告がされるなど、アップデートによるトラブルも起こっています。

また、iPhoneの落下や水濡れなど不慮の事故により、データは失われていなくてもiPhone自体が起動できなくなるケースもあるでしょう。そうした事態にも対応できる様、上記の手順で iPhoneのデータは定期的にバックアップしておきましょう。

上記手順にそって個別に作成したバックアップデータは、あとで呼び出して復元することも可能です。例えばiPhone上のデータが消えてしまっても、以前のバックアップデータから復元することで、データを取り戻すことができますよ。


【スポンサード リンク】

【iPod touch / iPhone 情報局 のソーシャルアカウント】

TwitterやFacebookページでは、ブログに掲載前の気になった情報を共有したりつぶやいたりしていますので、宜しければこの機会に"フォロー"または"いいね"をお願いします。



| Comment(0) | Guides/How-Tos |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。